LAST DANCE

2007年卒業される大学生のみんなで楽しむパーティー、LAST DANCEのホームページです!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

和風ハンバーグ、いと旨か!

先日JTB WEST様から旅行券を商品として提供して頂けますと、
当ブログで紹介しましたが、
一部補足させて頂ます。

詳しい中身としては、
大阪→都ホテル、モントレ大阪、etc
京都→リーガロイヤル、グランドプリンス、etc
神戸→ポートピア、メリケンパークオリエンタル、etc
辺りのホテルペア宿泊券となります。

改めてJTB WEST様ありがとうございます。

*****************************************************************

さて、
本日は、
私Tと95氏のみでのミーティングとなりました。
おい!!!
その他のLAST DANCE実行委員会諸君!!!
普通に寂しかったぞ。

それはさておき、
実はLAST DANCEまで2週間切っちゃったみたいです。
楽しみと不安の、
共存及び葛藤で、
私の硝子のハートははちきれそうです。
いやしかし、
どっちかっつーと、
楽しみの方がが大きいな~。

閑話休題、
一昨日は、
私の高校の学科(国際コースっちゅうねんけど)の同窓会的飲み会がありましてですねぇ、
なかなかエンジョイして参りました。

この学科というのが中々、
巨人軍元木選手に勝るとも劣らない“クセモノ”でして、
私は内部進学な訳で、
要はその学科の奴はほとんど大学におる訳ですよ。
普通は高校のツレっちゅうと、
大学でバラバラになるから、
逆に結束が堅い訳で、
微妙に皆大学におるっていうのが、
結果的に結束を緩めた感があり、
それでこの4年間はというと、
その学科で集うことは皆無に等しかったんですよ。

そんな中での飲み会やった訳で、
懐かしいというか、
こんな面子で集まるなんて、
何かすげぇ浮世離れしてて、
中々言いようの無い感覚に襲われましたね、正直。

そんで帰宅後、
その学科の掲示板を見た訳ですよ。
無論、現在は疎遠やった訳で、
掲示板としての機能は果たしてないんですが、
4年前、つまり大学入りたての頃の書き込みとか見返してみると、
これが中々盛り上がってるんですよ。
それこそ、
履修がどうやとか、
単位がどうやとかの、
大学での愚痴や悩みの類や、
ほんまどうでも良いことまで、
皆でぶちまけてる感じなんすよ。

なんかそれ読んでると、
自分の書き込みも含めて、
異様に青臭いというか、
非常にこっ恥ずかしいというか、
「あの頃は若かったんやな~。」っていう、
若干虫酸が走るほどの、
記憶の片隅に追いやっていた、
変な感覚に陥ったんですよね。
それは単純に懐かしいといった感触ではないんですよね、これが。

そこでピンと来たんが、
「これこそが青春って奴か!!!」
てこと。
何か青春って後から振り返ったら、
酷く馬鹿げていで、
どうしようもなくて、
情けなくて、
恥の塊みたなモノなんでしょうな。

と同時に、
振り返って「あの頃は青春しっとたな~」なんて思うってことは、
今現在は青春とは言えないって事にも気付き、
酷く落ち込みましたね、正直。
今回の飲み会の終幕を以って、
私の青春の終焉を物語っているような感覚。
漠然とした物悲しい感じ。
ようはパンドラの箱を開けてしまったんだな、今回の飲み会で。

でも、
はっきり言って、
そんな風には信じたく無いんですよね。
4年前のような雰囲気は決して戻らずとも、
今現在を数年後に振り返ったとして、
その時にも、
「青春しとったな~」と思えるようになりたいですな。
ようは4年前の大学入学当時を、
私の人生においての“絶頂期”にしたくない、
常に今が最高でありたい、
常に成長したい、
と思います。
所謂“若かったあの頃”の感覚なんて取り戻せないのは承知の上で、
でも人生なんてものは、
自分の生き方次第で何とかなると、
常に輝かせることは可能であると、
そう信じたい所存です。

だから、
飲み会の後、
友人と別れる時も、
変に名残惜しい感じを出したくなかったんですよね。
もちろん、
この友人達とは、
当分、下手したら一生会えないって事を認めたくなかったのも在るし、
はたまた、
ここで名残惜しい感じを出すと、
何か自分がこの先の人生において、
前進して行くことを否定しているような感じがして、
嫌だったんですよね。

まぁそんな感じで、
どんなにテクノロジーが発達しようとも、
最終的に一番大切なのは“人”な訳で、
つまりは“出会い”な訳で、
出会いの数だけ別れが在る訳で、
是が非でも、
私たち人間は、
前進して行かなければいけないんですよね。

どうせなら、
阿呆ほどポジティブに生きようと、
決心した朝。
今日という日の夜明けは、
いつもと一味違ったようです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。