LAST DANCE

2007年卒業される大学生のみんなで楽しむパーティー、LAST DANCEのホームページです!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ある愛の形

さて、
愛には様々な形が在り、
今回はそんな愛の形の、
ほんの1つの事例を紹介します。
本日のストーリーテラーは、
毎度お馴染み、
Tです。

関西を中心に活動する若手ロックバンド、CONVULSIONのA氏の、
ある日のお話。

場所は心斎橋某ライブハウス。
CONVULSIONはその日も怒涛のライブアクトを展開。
オーディエンスを大いに沸かせた。
過激なステージングで定評のあるA氏は、
その日も観客と共に大暴れ。

しかしライブのハイライトである最後に、
その事件は起きた。

パフォーマンスの末、
A氏のギターのネックが、
圧し折れてしまったのである。

楽しげな観客とは裏腹に、
唖然とするA氏。
そして、横でほくそ笑むボーカルM氏。

良いライブをして、
意気揚々と帰路に着くはずが・・・
まさに一寸先は闇。
さらには、
次の日にもライブがあるという事実も脳裏をかすめ、
突然起こった悲劇により、
楽屋で頭の中が真っ白になり、
茫然自失となるA氏。

そして、
遂に彼の頬を、
一筋の涙が伝った。

その時である。

突然現れたのは、

某ライブハウス店長である、
大阪の重鎮MSCのT氏。

そしてT氏はおもむろに、
「Aちゃんそんな泣かんと~これあげるし!」
と言い放ち、
MSCのTシャツを、
A氏に差し出した。

A氏は、
T氏の気遣いと優しさに、
感激の余り、
声も出なかった。

そしてそのTシャツと喜びを胸に、
さっきまでの自分と別れ、
ライブハウスをあとにしたのである。

次の日、
A氏は、
サブのギターを持ち、
そして昨日貰った、
MSCのTシャツを着て、
またステージに上がったのであった。

この話に、
私はバンドマンとしての愛を、
感じずにはいられなかったのである。


ということで、
これもまた1つの愛の形ではないかと思います!!!
これも愛~♪
あれも愛~♪
全部愛~♪

てな感じで皆さんも、
身の回りの愛をヒシヒシと感じ、
今日も行きましょう!

では!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。