LAST DANCE

2007年卒業される大学生のみんなで楽しむパーティー、LAST DANCEのホームページです!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

目指せ!いぶし銀

毎度お騒がせしております~
Tです~

今夜は久しぶりに“Tのどうでもいい話”を展開して行きたいと思っておりま。
ほな、まぁ宜しゅうに。

唐突ではおますが、
私たちの思春期はやはり「ドラえもん」無しには語れん的な側面を持ち合わせておりますが、
特筆すべきは「映画版ドラえもん」の尋常ではないクオリティーの高さ!!!
ホントよく拝見しましたよ~!
特に第1作目(1980年公開)の「のび太の恐竜」から、
17作目(1996年公開)の「のび太の銀河超特急」くらいまでは、
普通に観てたし、
劇場に足を運んだ作品も数知れず。
それ以降の作品は特に思い入れもありませんが、
やはり劇場版ドラえもんは涙無くして語れません。
1.jpg

その中でも屈指の名作と言えば、
「のび太の海底奇岩城」ではないでしょうか!?
映画版ならではの名キャラとしてバギーちゃんをフューチャーし、
ラストの“バギー、ポセイドンに特攻”のシーンは、
我が日本国におけるアニメの歴史に、
確実に金字塔として刻まれるべき名シーンです。

ちなみに、
これが「アニメ界2大特攻シーン」の1つで、
もう1つは「機動戦士ガンダム」における、
“スレッガー中尉、ビグザムに特攻”のシーンであります。

スレッガー、バギーちゃん、両者共、
普段は嫌味や皮肉交じりのちょっと嫌な奴、
しかし本性は、何処か孤独で、繊細で、
最期は漢汁出まくりで昇天するという、
日本男児として見習いたいキャラ。
最強です。

そんな嫌味なバギーちゃんを煙たがる男子連中とは打って変わって、
しずかちゃんはバギーちゃんを可愛がるという図式も、
切なくて、非常に良いです。

また個人的に、
舞台が私が愛して止まない“深海”というのも、
森口博子ヨロシクの、
夢がモリモリ、大盛汁ダクで、
最高です。
中盤の、私の浪漫の結晶であるダイオオイカとの絡みも、
ワクワク感1.5~2倍アップであります。
そのほかにも、バミューダ三角地帯がどうのこうのという、
私の深海好きを擽(くすぐ)る要素タップリで、
ホンマに何回見ても飽きないです。
マジで、泣けます!!!

あと忘れてはいけないのは、
劇場版でのジャイアンこと郷田剛氏の“熱さ”と言ったら、
尋常じゃないです!!!
Bruce Springsteenや、Social Distortionのマイク・ネス等の、
所謂“ボス”の異名を欲しいがままにしている方々と、
余裕で肩を並べうる存在。
20070211031808.jpg

そのジャイアン氏の熱さが滲み出る作品は、
「のび太の大魔境」以外に無いでしょう!!!

ペコへの熱い想い、
ポケットを置いていくという漢ならではの拘り、
そしてドラえもんレギュラーメンバーへの反省の念と、
しかしそれを言葉では表せないない不器用さ加減、
どれをとっても男泣き必至です。

ラストの、
1人で立ち向かうペロの後を、
隠れている木の幹からピンで追いかけ、
「友達を放っておけない」と言うシーンは、
子供ながらにジーンと来ました。
そしてそこへ武田鉄矢の「だから~僕ら~友達なんだ~♪」というバラード!!!
やば過ぎます。
鉄板です。

幹の中で震えていたけど、
怖さを振り切って出て行くスネ夫の、
情けなさにも味があって良いです。

そんなこんなで、
友情の何たるかを、
改めて考えさせられる逸品に仕上がっております。

皆さんも好きなドラえもん作品ありますかね~??

まだまだ思い出の作品はありますが、
本日はここら辺で閉店。
ほんまに機会が在れば、是非観て欲しいです!
アニメだからといって、ナメてはいけません。
流石、世界に誇るJAPANIMATIONです。


ということで、
藤子・F・不二雄先生に乾杯!!!


次回はスタジオジブリ作品について紹介したりしなかったり・・・


では!!!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昔ドラえもんの映画についてくるおもちゃが毎回楽しみやった!笑

95 | URL | 2007年02月13日(Tue)02:20 [EDIT]


確かに!!!

何かドラえもんが爆走する系の奴とかあったんな~!
言うてまうと、
しょうもないオマケやったけど、
しかしあれは楽しみやったねぇ!

槻瀬 | URL | 2007年02月13日(Tue)19:15 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「のび太の大魔境」

のび太の大魔境『のび太の大魔境』(のびたのだいまきょう)は、1982年3月13日に公開された「大長編ドラえもん」シリーズのドラえもん・映画。監督は西牧秀夫。配給収入12億1000万円、観客動員数250万人。他の大長編と比べ、特に前半にコメディー要素が多く見られる。同時上

映画の缶詰 2007年02月13日(Tue) 13:52


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。